Placeholder image for template purposes.

From Junior Engineer to Group Manager: ‘I’ve Never Looked Back’

インドのアコラにある綿花農場で育ったことで、自動車に関するすべてのことが好きになりました。幼い頃、父は赤いトラクターの運転の仕方を教えてくれ、車のバッテリーを分解して内部の仕組みを見せてくれました。父は私に科学を教えてくれ、当時はほとんど女性が参入しなかった業界に入るよう勧めてくれました。

1920x960-menu-photos-02

現在、インドのプネーで 56 人の女性と男性で構成された多様なチームを率いており、自動車の電動化、サイバー セキュリティ、次世代ソフトウェア アーキテクチャなど、世界の自動車業界で最も重要な問題に取り組んでいます。

会社のジュニア エンジニアだった入社当初から、私は一度も過去を振り返ったことがありません。私は、人の意欲を引き出す、やりがいのあるプロジェクトに魅力を感じただけでなく、協力的で、柔軟で、お互いを尊重し、歓迎してくれる職場環境を見つけました。簡単に言えば、マグナの価値観はインドの家族の価値観に似ています。

最も重要なことは、全員が自分の仕事に情熱を持っていることです。 私のチームは、SUV のリフトゲートからトランスファーケース、電気自動車まで、あらゆるソフトウェアの開発に取り組んでいます。将来の世代と地球に影響を与える重要な責任を担っています。

マグナはインドで成長を続けているため、昨年は約 1,500 の履歴書をレビューし、40 人以上を採用しました。私が目を引くのは、技術的なスキルを持ちながら、組織のために最善を尽くすのに関心がある人です。 成長したい、何か新しいことを学びたいという候補者を探しています。

私のマネジメントスタイルは、教えることに重点を置いています。最近、ここでコミュニケーションスキルの取り組みを始めました。興味のある従業員が集まり、英語と文法のスキルを毎週練習しています。良い本やストーリーへの愛を分かち合います。趣味は読書です。ハリー・ポッターからチャトラパティ・シヴァジー・マハラジというインドの指導者に関する感動的な物語まで、あらゆるものを読んでいます。チャトラパティ・シヴァジー・マハラジは、必要な資源が十分になかったにもかかわらず、インドの偉大な指導者となった 1 人です。

1920x960-menu-photos-02 copy 34
Two people sitting in kayaks in the Augsburg Eiskanal in Augsburg, Germany

インドのローカルイニシアチブに加えて、マグナは女性のリーダーシップ人材プールなどのプログラムで多様性をサポートしています。 昨年、私はその会員に選ばれました。女性のメンターや企業幹部とのつながりなど、特別なトレーニングや機会への扉が開かれます。

自宅の農園のあの赤いトラクターに乗って以来、私は長い道のりを歩んできました。父は、私がマグナのような会社の一員であることを嬉しく思っていると言います。 父はいつも私が自分のことは自分でできる強い人間になることを望んでいました。このモビリティ テクノロジー企業に入社したことは、有望な未来への素晴らしい旅の第一歩でした。

We want to hear from you

Send us your questions, thoughts and inquiries or engage in the conversation on social media.

関連ストーリー

花粉媒介者を保護し、アピセラピーを推進

記事

Magna養蜂家の視点

記事

Magna Doubles Down on It's Next Rebelle Rally Adventure

ニュース&プレスリリース

つながりを保つ

Eメールアラートを購読すると、マグナのニュースやストーリーの更新をリアルタイムで知っていただけます。