Blurred people standing in front of wall with lights

サファリパークとショッピングモール:新しいMagna ADAS システムの開発

Magnaのエンジニアである Marc Schaeferさんが最近、ドイツのサファリパークで 1 週間ほど滞在して様子を観察しました。もちろん、鹿、ライオン、ラクダ、キリン、水牛などの野生動物を観察する目的ではなく、野生動物と車両の衝突を回避するMagna先進運転支援システム (ADAS)の技術開発活動の一環でした。

Schaefer さんは、プロトタイプのMagna フロント カメラ システムとセンサーを搭載した SUV のハンドルを握り、最大時速 4 マイルの速度で運転していました。彼の任務は、カメラのソフトウェアを、オーストラリアのカンガルーからインドの牛まで、世界中の道路上または道路近くに現れる可能性のある動物を認識できるようにトレーニングすることでした。Magnaは、公園関係者から調査許可を得ました。どの動物も危険にさらしたことがありませんし、動物の安全一番で調査が行われました。

ドイツのザイラウフに拠点を置くMagna Electronicsチームの一員として、データ収集の仕事を中心に行うSchaeferさんは、「サファリパークにいる間、昼夜、天気を問わず、可能な限り多くのシナリオをカバーしました」と言います。「我々の目標は、動物に速いスピードで近づかないことです。私たちは歩くスピードで運転したのです。」

彼はまたこう言います。「トレーニングと検証のために、道路を横切る動物やカメラの前に現れる動物ごとに500件のデータサンプルが必要です。動物は予測不可能です。ADAS はあらゆる種類の動物をさまざまな視点から認識する必要があります。」

ADAS技術は、未来の自動車の重要な要素です。その技術は、自動車事故や、不可避の重大影響を減らすことにより、人や動物の死傷を最小限にすることを目的としています。自動車メーカーは、各メーカー独自のADAS 機能を搭載して、市場競争上の差別化を図ることができます。

連邦道路管理部によると、クルマと鹿など大型野生動物の衝突事故は、毎年米国だけで100万~200 万件が発生し、約200人の死亡者と26,000人の負傷者を出し、80 億ドル以上の物的損害とその他損失が発生するとしています。

ドイツ狩猟協会 2020 年の調査によると、野生生物による事故はドイツの自動車事故数の約 5% を占めています。そして、その事故で毎年百万匹以上の野生動物が死んでいるとしています。衝突動物は主に鹿、イノシシです。

Schaefer さんは、将来の ADAS 技術がこのような事故を回避できると確信しています。実際の動物のデータを収集することは、ADAS 開発にとって重要な段階です。

「コンピュータ シミュレーションでは実際の状況を正確把握できません」と Schaefer さんは言います。また、「動物の写真や切り抜きだけでは正確な技術を開発できません」としています。

ADAS データ収集チームは、剥製師に頼ることもあります。全て、実際の動物を扱う必要があるわけではないからです。しかし、モデルは3Dの物でなければならないので、ヘラジカとイノシシの剥製を借りて、ロケ地の駐車場に設置しました。

Magnaのエンジニアまたサイラウフの ADAS データ収集マネージャーである Nico Hauck さんは、仕事の安全面もチームの優先事項でした。過去22年間、Hauck さんは救急車両を運転しており、彼の故郷であるドイツのアイヘンビュールで救助支援チームの一員です。

「事故を見たら、『なぜこれを避けられないのか』と思うでしょう」と Hauck さんは言いました。「それが、Magnaで可能な限り、最高のデータを収集する理由です。乃ち、運転をより安全かつ確実にすることです」と言います。

Deer standing in front of a vehicle

サファリ パークでの調査に加えて、Magna のデータ収集チームは、ドイツの地元のショッピング モールの管理事務所から、駐車場での歩行者、ショッピング カート、車椅子利用者の ADAS シナリオ観察許可を得ました。

過去 2 年間、サイラウフにある Magna データ収集センターは、動物の行動・習性、交通標識、交通渋滞に関して、約 2千万ギガバイト、3万時間のデータを収集しました。これらのデータ収集は、未来の自動車に利用される新しい ADAS 技術開発の加速に活用されます。

SchaeferさんもHauck さんも、Magna で働くことで、大局的に考え、絶対妥協しない自由が得られると言います。

「問題の解決に自分のアイデアを持ち込むことができます」とSchaeferさんは言います。「さまざまな自動車メーカーと協力して最先端の技術を開発し、5 年後に路上でその性能を確認できます。それは私の誇りとなります。」

Hauckさんはまた、「Magna チームの一員として、車両の安全性を高めると同時に、自分の成長を追求するチャンスも得られます」と言いました。

We want to hear from you

Send us your questions, thoughts and inquiries or engage in the conversation on social media.

関連ストーリー

Magna養蜂家の視点

記事

Magna Doubles Down on It's Next Rebelle Rally Adventure

ニュース&プレスリリース

生産現場に5Gのイノベーションを導入

記事

つながりを保つ

Eメールアラートを購読すると、マグナのニュースやストーリーの更新をリアルタイムで知っていただけます。