Abstract blue and orange lines and dots moving in a forward motion

衝突試験用ダミー人形のメンテナンス

Magnaの衝突試験用ダミー人形がドイツの地元の学校に展示されると、子供たちの最初の質問はいつも「この人形は話せますか?」です。

一部の人形は本当に人間のようで、「手に触れるとまるで人間の手に触れているように感じます」と、ダミー人形の検査をするMagnaクリニックで働くStephan Baumannさんは言います。ダミー人形の種類にもよりますが、通常は 30 ~ 100 回の衝突試験後、計測器の試験、認証、キャリブレーションを行います。

3 歳くらいの幼児の大きさのダミー人形を子供たちに見せると、ダミー人形はシートベルトを着用しなければいけないのかと子供たちは聞きます。子供たちはまた、車両の安全性を向上させるのに役立つ情報をダミー人形からどのように得るかも学びます。ダミー人形の体のさまざまな部分に装着されている計装をのぞき、自動車の安全を支えるMagnaでのキャリアについての洞察を得るのです。

Stephan Baumann with various Crash Test Dummies
Child size Crash Test Dummy

ドイツのザイラウフにあるMagna試験センターのオペレーションサービス マネージャーであるBaumannさんは、将来のエンジニアや自動車愛好家の興味をそそる話をいっぱい持っています。

Baumannさんは、より多くのことを学びたいという向上心を持った実践的な人で、ドイツのアシャッフェンブルクでBaumannさんの父親が経営する自動車修理工場で整備士としてキャリアを開始しました。その後、彼は技術アシスタントとしてMagnaに入社しました。自動車の安全と事故の減少に焦点を当てた 23 年間のキャリアの第一歩です。その後昇進し、現在の仕事に就きました。

「道路空間をより安全にするために毎日取り組んでいると言える人は、世界中にほとんどいません」と、3 人の子供の父親で、週末には黒のヴェスパで走り回るBaumannさんは、「道路空間の安全を向上するのが私の仕事です。そして、それがMagnaが道路空間のすべての人のために、より良い未来を作っている理由でもあります」と言います。

「道路空間をより安全にするために、日々取り組んでいると言える人は世界中にそんなに多くありません」

- Stephan Baumann
Stephan Baumann sitting on his black Vespa
ダミー人形

学校でのコミュニティ サービスは、Baumannさんと衝突試験ダミー人形 クリニックで働く 4 人の技術者にとって副業です。本業はあくまでもクリニックで、Magnaが所有する39個のダミー人形のメンテナンスをすることです。ダミー人形のほとんどは正面衝突試験に使用されます。側面衝突試験に使用される8 個のダミー人形は、試験の主目的が体幹にかかる力を測定することであるため、前腕や手がついてません。

クリニックは 2022 年に 400 件以上のダミー人形認証試験を実施しました。Magnaは、サプライヤーや自動車メーカーに認証とキャリブレーションサービスを提供している、数少ない認定自動車サプライヤーの 1 つです。また、独自の車両安全衝突試験を実施しているサプライヤーや OEM にダミー人形をレンタルもしています。歩行者の衝突試験で使用される頭部や脚などのダミー人形の構成部品の検査も行います。

Magnaファミリーのダミー人形は生後 18 か月の赤ちゃんを模したものから、肋骨と人間のような膝を持つ未来的な外観の男性ダミー人形、 Thor 50-M もあります。175 の測定ポイントを備えた Thor 50-M は、古いダミー人形よりも詳細な衝突情報を提供します。

ダミー人形のメンテナンスは、着る服の監督もします。政府の規制に従ってオレンジの T シャツとショートパンツを着用させ、男性のダミー人形には黒い靴、女性には白い靴を履かせたりします。チームはダミー人形をニックネームではなく番号で呼んでいますが、各ダミー人形に愛着を持っています。ダミー人形の正式名称である擬人化試験装置と呼ぶことはめったにありません。

Crash Test Dummy used to measure impact effects from the side on their trunk
Crash Test Dummy family including parents and children
Technology that is found in a Crash Test Dummy
衝突試験

衝突試験中、ダミー人形内の計器が力を測定し、頭、胸、腰の損傷など、人間の乗員のさまざまな損傷の可能性を推定します。

「各試験後、ダミー人形を検査して、すべての測定デバイスが正常に機能することを確認します」と Baumannさんは言います。「安全システムがうまく機能すれば、ダミー人形に損傷がないということです。」

ダミー人形は、シートベルトやエアバッグなどのパッシブ セーフティ システムや、車両のクランブル ゾーンをチェックするために使用されます。しかしBaumannさんは、ビジョン技術やカメラ技術を使用した先進運転支援システムなど、アクティブ セーフティ システムにおけるMagnaの技術も誇りに思っています。

未来

最初のダミー人形は男性を模したものでしたが、今日の衝突試験用ダミー人形技術で製作された、新世代のダミー人形は、男性、女性、子供など固有の生理機能をよりよく再現し、進化しています。優秀な女性ダミー人形によって提供されたデータは、シートベルト、ヘッドレスト、エアバッグ、ペダルなどの自動車デザインの変更につながる可能性があります。

「ダミー人形は、未来の車両安全の立役者です」とBaumannさんは言います。「だからこそ、私たちはダミー人形のメンテナンスという仕事に献身しています。」

Crash Test Dummy being testing for impact on their chest

We want to hear from you

Send us your questions, thoughts and inquiries or engage in the conversation on social media.

関連ストーリー

花粉媒介者を保護し、アピセラピーを推進

記事

Magna養蜂家の視点

記事

Magna Doubles Down on It's Next Rebelle Rally Adventure

ニュース&プレスリリース

つながりを保つ

Eメールアラートを購読すると、マグナのニュースやストーリーの更新をリアルタイムで知っていただけます。