Silhouette of people standing in front of glass wall

Magnaキャリアを始めていました:特別な満足度

ミシガン州ニューウェイゴのMagna拠点で継続的改善コーディネーターとして働き始めてわずか数か月で、Megan Walkerさんは「なるほど」という瞬間を経験しました。」

「授業を通じて、リーンなシステムへの愛を知りました」とWalkerさんは言います。ビジネス専攻と運用および供給管理の副専攻で学士号を取得しました。また、リーン システムとデータ分析でも認定を受け、2022年12月に卒業しました。「私が『なるほどと思った瞬間』は、教科書の例にある無駄のない原則を実生活に適用したときでした」としています。

「無駄のないシステムはサプライヤーから顧客に至るまであらゆるものに関わるため、キャリアの素晴らしいスタートだと思いました。Magnaは、すべてに無駄のない原則を掲げるモビリティテクノロジー企業であるため、私にとって魅力的な場所です。」

無駄のない生産により、生産性を最大化しながら無駄を最小限に抑えます。Magnaのオペレーショナル エクセレンスを向上し続けるための 2 つの重要な側面です。

「Magnaは、すべてに無駄のない原則を掲げるモビリティテクノロジー企業であるため、私にとって魅力的な場所です。」

 

Megan Walker - headshot

持続可能性と仕事満足度

Walkerさんの仕事は、無駄を削減し、顧客に価値を付加することに重点を置いています。湿地の近くに従業員向けの散歩道やコミュニティガーデンを設置サポートし、工場の持続可能性責任者としての役割を果たしています。また、エネルギー担当者と協力して、水の使用量、排出量、エネルギー使用量、廃棄物の転用、慈善活動をトラックしています。

「この仕事で、私が気に入っている点の 1 つは、比較的若く、女性の多いチームの一員であることです」とWalkerさんは言います。また、「チームメイトのDawn Burnsさんという素晴らしい女性のメンターもいて、リーン原則の知識に自信を持つよう励ましてくれました」としています。」

シームレスな移行

Walkerさんにとって、大学から最初のフルタイムの仕事への移行はスムーズでした。なぜなら、彼女はすでにMagnaの生産拠点で 2回インターンシップを終えており、その歓迎・協力的な雰囲気に居心地の良さを感じていたからです。2023 年最初の成功例は、組立ラインで労働力を節約し、残業を減らし、コストを削減するためにトラックのリフトゲートのハンドルを製作する 5 人のオペレーターと協力したことだと述べました。

「現場でたくさんの時間を過ごしました。オペレーターは専門家なため、彼らが見ているもの、経験しているものを教えてもらいました」とWalkerさんは語りました。「材料をどのように運搬するのか、作業を完了するために手をどのように使うのかを理解したいと思っています。スクラップ部品を取り出して、生産ラインで見たプロセスを再現することもあります。協力してレイアウトを変更して作業を簡素化し、3 シフトすべての労働力を節約できました」としています。

Walkerさんは、この仕事で気に入っていることの もう1 つは、ペースの速い環境で働くことだと語ります。実は、子供の頃にもよく経験していました。子供の頃、ミシガン州西部の工場で自動車エンジニア兼継続的改善マネージャーとして働く父親のBenji Walkerさんの仕事に、時々ついて行ったのです。高校 3 年生のときから、継続的な改善を意味する日本語の「KAIZEN」を実際に経験していたのです。

「私は工場の機械の音や、結束の固い人々のグループが大好きでした」と彼女は語った。「ここが私が働きたい場所だとわかりました。私が中学生のとき、父は私に、父が働く工場で行われる 1 週間の改善イベントに参加しないかと誘ってきました。オペレーターに会って、不要な機器を減らすのに協力することができました。その結果をマネージャーに報告しました。決して忘れられない経験でした。」

Never Settle(決して妥協しない)

継続的改善コーディネーターとして、Walkerさんは「決して妥協しない」というMagnaのコアバリューを大切にしています。

「私たちは常にこのプロセスの改善に取り組んでいます」と説明します。「生産拠点で何かを実装するとき、実装完了がプロジェクトの完了ではありません。どんなものでも、次のレベルに引き上げる機会は必ずあると思っています。常にチームをフォローアップし、チームの意見を考慮に入れています」とします。

近隣のフリーモント公立学校で、6 年間、中学生のボランティア家庭教師をしたことで、彼女は生徒のさまざまな学習スタイルに敏感になり、同僚とのより効果的な交流に役立っていると言います。

「誰もが私と同じように考えているわけではありません」と彼女は説明します。また、「これは、家庭教師のバイトから得た最大の収穫でした。時々、生徒に数学の概念を説明するために絵を描くことがありました。生産拠点のワークフローを理解してもらうために、時々、段ボールの街(職場の等身大のレプリカ)を作ることもあります。」

Magnaに就職したいと考えている人たちへの彼女のアドバイスは?

「実地経験を積んでください」とWalkerさんは言います。「速いペースで働く環境は、とてもチャレンジングです。あなたをフルタイムで夢中にさせてくれます。次に何が起こるのか、常に楽しみになります」としています。

We want to hear from you

Send us your questions, thoughts and inquiries or engage in the conversation on social media.

関連ストーリー

Magna養蜂家の視点

記事

Magna Doubles Down on It's Next Rebelle Rally Adventure

ニュース&プレスリリース

生産現場に5Gのイノベーションを導入

記事

つながりを保つ

Eメールアラートを購読すると、マグナのニュースやストーリーの更新をリアルタイムで知っていただけます。