World globe in the center of trees

Magnaの最も野心的な環境コミットメント

スペリオル湖のノースショア沿いの大自然をハイキングしたり、富士山をトレッキングしたりします。エベレストのベースキャンプや、北米最高峰にちなんで名付けられたレスキューミックス犬デナリとのカヤックなど自然から刺激を受け、アウトドアへの愛と自然保護への情熱へつながっています。

持続可能性と脱炭素化に熱心なひとりとして、Magnaのこれまでで最も野心的な環境コミットメント、つまり気候危機と戦う重要な一歩である 2050年までにネットゼロ排出達成という目標に取り組んでいることも誇りに思っています。この最新の取り組みは、企業が気候科学に沿って削減目標を設定するのを支援するパートナーシップである Science Based Targets initiative (SBTi) の一環です。

当社のネットゼロ目標は、社内ですでに進められている取り組みに基づいています。今年、当社はすべての製造拠点において、企業のエネルギー原単位(製品を生産するために使用するエネルギー量)を10%削減するというコミットメントを達成し、2027年までに20%削減するという目標を掲げました。また、2025年までに欧州全拠点で、2030年までに全世界の拠点で、再生可能な電力を100%使用することを誓約しており、これによりSBTiの2030年スコープ1と2の短期脱炭素化コミットメントを上回ることになります。

この動きはモビリティ・テクノロジー企業として、当社の世界と将来の世代のために、そして環境の観点からも正しい行動と言えます。また、当社の事業にとっても正しいことです。気候変動の影響を軽減することで、ビジネスはリスクを軽減し、回復力が高まります。

Magnaの拡大した持続可能性への取り組みは、記録的な気温から北米の都市での致命的な洪水や山火事に至るまで、前例のない気候変化が見られる夏の時期に行われます。NASAの世界気温分析によると、6月の地球は観測史上最も暑く、2023年が観測史上最も暑い年になる可能性が高いです。Magnaでは、この世界的な難題を食い止めるために、一歩を踏み出し、全力を尽くすことの緊急性を理解しています。

当社は気候変動との闘いには集団行動が必要であることを認識しております。そのため、当社は1万社のサプライヤー企業を含む顧客やパートナーと積極的に協力し、天然資源の保護に努めています。協力の精神はMagnaだけにとどまらず、業界内で課題を特定し、集団でそれらに対処しようとする真の努力を目の当たりにしています。

最も重要なことは、Magnaには職場でも家庭でも、持続可能な世界を創造すると約束する人がたくさんいるということです。この地球への献身は、私たち一人ひとりにインスピレーションを与えてくれるアウトドアスポットの反映です。

Headshot - Ahmed ElGanzouri. Global Director, Sustainability and Energy

アーメド・エル・ガンズーリ

Magnaは、パリ協定に沿った脱炭素目標のベンチマークとして広く受け入れられているSBTi(Science Based Targets initiative)による検証のためにネットゼロ排出目標を提出することで、持続可能性と環境スチュワードシップへのコミットメントにおいて大きな一歩を踏み出しています。当社の目標は、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成することであり、SBTiは短期的なコミットメントを行い、2030年までに100%再生可能な電力を供給することです。

We want to hear from you

Send us your questions, thoughts and inquiries or engage in the conversation on social media.

関連ストーリー

Magna養蜂家の視点

記事

Magna Doubles Down on It's Next Rebelle Rally Adventure

ニュース&プレスリリース

 BEV設計に革命をもたらすパワートレイン構成 最大限のパフォーマンスと効率性

Webinar

つながりを保つ

Eメールアラートを購読すると、マグナのニュースやストーリーの更新をリアルタイムで知っていただけます。