Close up of circuit board

ADAS動向:手頃な価格、アクセシビリティ、拡張性

物心ついたときから、技術、自動車、そして社会に変化をもたらすことに情熱を注いできました。MagnaのADAS技術戦略に携わっていないときは、スウェーデンのリンコピングのモータースタディオンでトラック・スチュワードのボランティアをするなど、関連した領域での趣味がたくさんあります。

学生や大人たちに、レース場という安全な環境のもとで運転する機会を与えています。これによって、子どもたちはモータースポーツを楽しみながら、車の制御方法を学ぶことができます。20年間このような活動を続けていますが、レース愛好家であれ新人ドライバーであれ、わたしのモチベーションはあくまでも安全の重要性を強調することです。

Magnaでは、同じ考え方を持つエレクトロニクス・チームが現在や将来の先進運転支援システム(ADAS)の開発に役立つ安全性と技術動向の両方を追跡しています。私たちの目標は、スケーラビリティと自動車業界の顧客からの高まる需要を管理しながら、主要技術を消費者がより利用しやすく、手頃な価格で、直感的に使えるようにし、道路の安全を守ることです。

Steven Jenkins as a child pretending to drive a truck

業界として、私たちは価格帯に関係なく、ADASの安全上の利点をすべての自動車にもたらす責任を負わなければなりません。私たちの目標は、業界をリードするMagna製品を強化し、自動車業界の進化するニーズに応えるべく、より利用しやすくすることです。また、将来の動向にも敏感で、常に模範を示して中核プログラムや研究プロジェクトのポートフォリオを拡大し、イノベーションの最前線に立ち続けることを保証しています。

Magnaは、モビリティ技術のリーディング・カンパニーであると同時に、世界最大級の自動車サプライヤーとして、自動車業界において独自の地位を確立しています。システムエンジニアリングの専門知識により、拡張性と再利用性を考慮した安全プラットフォームを構築することができます。レーダー、カメラ、サーマル・センシング、インキャビン・センシング、複雑なADAS ECUなど、包括的なセーフティ製品ポートフォリオ全体のハードウェアとソフトウェアを効果的に統合する能力が当社の強みです。また、顧客のサービスを向上させる技術が必要だと判断した場合には、外部製品を統合する能力も備えています。

現在、自動緊急ブレーキ、死角検知、車線逸脱警報など、標準装備機能を備えたADAS搭載車は、資本コスト(材料・部品、設備、研究開発費など)、メンテ保守費用の増加により価格が上昇しています。マッキンゼーの最新のモビリティ消費者パルス調査によると、ADASの追加機能に対する消費者の需要は非常に高いとわかっています。この調査では、特にEV購入者とプレミアム・ブランド・セグメントにおいて、ADAS機能が購入決定において大きな影響力を持つことが浮き彫りになっており、多くの人がより優れたADAS機能のためにブランドを乗り換えたいという強い意向を示しています。

仕事の一環として、私たちは顧客と密接に交流しています。ある顧客は「既製品」のソリューションを求めており、またある顧客は特定の部分について私たちのサポートを必要としています。Magnaには、お客様の戦略に溶け込み、お客様のニーズに応えるために必要なサポートを提供する能力、知識、リソースがあると強く信じています。この信念を実現するための近道はありません。複雑なソフトウエアを組み込んで開発し、十分な情報を得た上で購入するかどうかの決断を下し、新たなビジネスモデルを確立する方法を積極的に模索しなければなりません。

この業界は未知の領域にあり、技術的なブレークスルーに関しては、不確実な時期が続くでしょう。私たちの仕事は、これらの技術を導入するときに備え、重要な決断を下すことです。私たちは、システム性能を高めるだけでなく、夜間自動ブレーキ課題対応サーマルカメラなど、より小型で効率、コスト効率の高いセンサーの開発技術革新を続けています。 多様な製品を組み合わせることで、競争力を高め、世代を重ねるごとにパフォーマンスを向上させています。

また、現在・将来のADASポートフォリオに人工知能(AI)を組み込む方法を研究しており、特に人間の行動をよりよく理解することに重点を置いています。将来的には、当社のADASポートフォリオはAIを使用してドライバーの習慣や好みを理解し、カスタマイズされたオプションを提供できるようになるかもしれません。これにより、ドライバーはADASをより快適に利用できるようになり、いくつかの業界研究によれば、現在も懸念されている特定機能の無効化傾向が緩和されるかもしれません。

 

私たちの先見性は次の10年にも及び、コレクティブ・パーセプション・システムのプロトタイプの開発を目標としています。私たちは、交通カメラやビルの防犯カメラなど、車両やインフラ要素がクラウドとシームレスにデータを共有し、車両の安全性を高める未来を描いています。このようなシステムにより、自動車はコーナーを 「見通す」ことができ、特定の車両機能の使用について環境に優しい判断を下すことができます。

コレクティブ・パーセプション・システムはソフトウェアベースであるため、柔軟な展開が可能であり、旧式の車両ハードウェアにも実装できるかもしれません。コレクティブ・パーセプションは、特定の車両センサーを排除することで技術を簡素化できる可能性があるという理由から、手頃な価格が主な目的です。

Magnaの核心価値観であるコラボレーションは、手頃な価格でアクセスしやすく、安全で便利なADASというビジョンを実現するための鍵です。この目標を達成するには、パートナー、規制当局、その他の業界団体と協力するMagnaの専門家の専門知識が必要です。この追求こそが、技術、クルマ、安全性、そしてレーストラックでも道路上でも人々の生活を向上させることに生涯情熱を燃やす私のような人間の原動力です。

Steven Jenkins, Vice President, Technology Strategy, Magna Electronics

Steven Jenkins

Magnaの目標は、消費者にとって重要な安全技術をより身近に、手頃な価格で、直感的に利用できるようにすることにより、道路の安全を守ることです。

We want to hear from you

Send us your questions, thoughts and inquiries or engage in the conversation on social media.

関連ストーリー

Magna養蜂家の視点

記事

Magna Doubles Down on It's Next Rebelle Rally Adventure

ニュース&プレスリリース

 BEV設計に革命をもたらすパワートレイン構成 最大限のパフォーマンスと効率性

Webinar

つながりを保つ

Eメールアラートを購読すると、マグナのニュースやストーリーの更新をリアルタイムで知っていただけます。