Thermal sensing on a vehicle picking up a deer on the road at night

Magna の技術的スポットライト:サーマル・センシング・システム

自動車のサーマルセンシング技術は、軍事や緊急応答の分野で誕生して以来、驚くべき進歩を遂げてきました。当初は低光条件下での視認性を向上させるために設計されていた初期デバイスですが、重要な進歩を遂げてきた命を救う技術の軌跡は、私たちの日々のリマインダーでもあります。

Magnaでは、ドライバーの前方視界を改善し、年間10億ドル以上の車両損害の一因と報告されている歩行者や動物が巻き込まれる衝突事故の頻度を減らすことで、我々は大きな進歩を遂げました。しかし、依然として多くの課題に直面しています。もちろん、それらの課題に対応するための準備は万全です。

現在、Magna は120万台以上のシステムを量産し、サーマル・センシング技術の世界的リーダーとなっています。「ナイトビジョン」と名付けられた Magna のサーマル・センシング・システムは、2003年に開発され、2005年のBMW 7シリーズに搭載されました。その後、13社の自動車メーカーで40種以上異なるモデルに採用されています。

Original 2000 Thermal Camera vs Premium 2024 Gen 5 Camera
Original thermal camera from 2000 (left) compared to latest generation thermal camera (right)

当社の最新世代のサーマル・センシング技術は、完全な暗闇の中でも、より優れた道路カバー率、より高い検知能力、より鮮明な画像をドライバーに提供します。実際、米国道路交通安全局(NHTSA)の報告によると、歩行者の死亡事故の70%以上が夜間に発生しています。しかし、当社のシステムは夜間の使用に限定されるものではなく、日中の状況下でも効果を発揮し、煙、霧、雪の中でもドライバーの視界を確保します。

市場の98%を獲得

トランクに収まらないほど大きかった業界の前世代バージョンとは異なり、Magna のサーマル・センシング技術は大きな進歩を遂げ、大幅に小型化され、より手頃な価格のソリューションとなりました。

ゴルフボールほどの大きさの小型赤外線カメラが車両のフロントエンドに取り付けられ、インストルメントクラスター経由でドライバーに警告を送信する電子制御ユニット(ECU)に接続されています。米国とルーマニアの Magna ソフトウェアおよび赤外線エンジニアの専門チームは、カメラ画像の鮮明度を向上させ、検出アルゴリズムを改善し、信頼性の向上と広い視野を確保するために絶えず取り組んでいます。チームはまた、カメラをさらに軽量・コンパクト化することにも取り組んでおり、角砂糖に匹敵する大きさを目指しています。

Magna のサーマル・センシング・テクノロジーの第5世代は、2025年後半にデビューする予定です。現行世代では、車のヘッドライトの照射範囲の4倍の距離を視認できるが、次期バージョンでは、ドライバーはサッカー場3面分の長さを視認できるようになり、車両を止めるのに十分な反応時間(最大30秒)を確保できるようになります。

次のフロンティア

当社のサーマル・センシング技術は、レーダーなど他の先進運転支援システム(ADAS)技術とシームレスに統合し、全体的な性能と有効性を向上させることで、自動車の安全性を左右する重要な役割を担っています。

当社はまた、主に後退事故を防止することを目的として、車両の下方および周囲の視界を向上させる革新的な後方および360度サーマル・センシング・システムを開発しています。保護団体Kids and Car Safetyによると、米国では毎週50人の子供が、ドライバーの視界が狭いことが原因で後退事故に巻き込まれています。

自動車のサーマルセンシングシステムの進化は、軍事や緊急応答の用途から現代の車両への統合へと広がり、道路の安全性に重大な進歩を示しています。現在では、高機能なシステムが人や物が発する赤外線エネルギーを捕らえるために、医療、農業、その他の産業で使用されています。洞窟の中など完全な暗闇の中で作業できるというユニークな利点を持っています。

赤外線スペクトラムは人間の目には見えませんが、サーマル・センシング・システムは検知できます。この技術はごくわずかな温度差を検出することで、郵便ポスト、鹿、人間を区別することができます。

将来の進展が目前に迫っている中、私たちはこの技術の限界を押し上げる取り組みを継続し、サーマルセンシングがすべての車両に標準装備される安全機能となる未来を見据えています。そして、道路がすべての人々にとってより安全になることを目指しています。

Richard Seoane, Vice President, Operations & Business Development, Thermal Product Area

スチュアート・クラッパー

当社のサーマル・センシング技術は、レーダーなど他の先進運転支援システム(ADAS)技術とシームレスに統合し、全体的な性能と有効性を向上させることで、自動車の安全性を左右する重要な役割を担っています。

We want to hear from you

Send us your questions, thoughts and inquiries or engage in the conversation on social media.

関連ストーリー

Magna Doubles Down on It's Next Rebelle Rally Adventure

ニュース&プレスリリース

Magna Awarded Reconfigurable Seating Business with Chinese OEM

ニュース&プレスリリース

手頃な価格で持続可能な EV モーター用磁石の開発を後押し

Blog

つながりを保つ

Eメールアラートを購読すると、マグナのニュースやストーリーの更新をリアルタイムで知っていただけます。