レーダー製品ポートフォリオ

Thermal sensor detecting a deer on the road at night

Magnaのレーダーシステムは、自律走行と乗員保護の進歩に不可欠な様々なアクティブセーフティ機能を提供する、業界をリードする幅広いラインナップを取り揃えています。

Magnaの車室用センサー、マルチバンドレーダー、イメージングレーダーセンサーシステムは、独自のレーダー信号処理方法と高帯域幅を使用することで、市場に出回っている同等品と比べても最高の性能を実現しています。新世代の車外用77GHzレーダーは、周囲の対象物に対する信頼性の高い正確な状況認識を可能にし、ADシステムの重要なコンポーネントとなっています。さらに、Magnaは新世代の60GHzレーダーベースの車室用センサーを開発、コスト効率の高い車室内モニタリングを提供します。

レーダー・センサは、航続距離、角度、ドップラー速度などの重要な情報を記録します。得た情報に基づいて、運転状況を判断し、潜在的に危険な状況をドライバーに警告するために使用されます。このソフトウェアベースの高解像度技術は、レーダーの性能をより向上させます。

レーダーシステムは、衝突の可能性を警告し、死角が原因の衝突を回避するために使用され、特に車列でのストップ&ゴー機能を制御することができます。ドライバーの適切な対応が間に合わず衝突しそうになった場合、高度なレーダー・システムが車両を制御して衝突を回避したり、事故の程度を軽減したりすることもできます。この高度な安全機能は、悪天候や無灯火など、運転条件が最悪となる状況でも安全性を維持します。

車室用センサー
マルチバンドレーダー
イメージングレーダー

当社の最新製品は、レーダーに関する深い専門知識を車室内の安全に取り入れ、60GHzで作動する乗員保護を可能にします。当初、この製品はNCAP 2023/2025プロトコルの一部である幼児置き去り検知機能に焦点を当てていましたが、その後、シートベルト・リマインダー、侵入検知、トラック荷台侵入検知などの機能にも拡張していく予定です。

24GHz(ナローバンド)と77GHzで動作する当社のレーダー製品は、クルマを保護する繭のようなADAS機能を可能にします。Magnaの製品には、死角検出、セーフ・ドア・オープニング、車線変更アシスト、リア・クロストラフィック・アラート(RCTA)や後方衝突の警告、トレーラー牽引アセンブリなどの機能を備えたセントラル・コンピューティングとスマート・レーダー設定などがあります。

強化されたMagnaの高解像度イメージング・レーダーは、自由空間を理解する能力を向上させ、複数のターゲット環境において、より優れた物体分離を実現、死角警告やリア・クロストラフィック・アラート(RCTA)において、より正確な検出を可能にします。77GHzレーダーシステムは、対向車を確認し、高速道路走行中の車線変更を自律的に管理します。

機能

  • アクティブ・ブラインド・スポット
  • リア・クロストラフィック・アラート(RCTA)
  • アダプティブ・クルーズコントロール
  • レーンチェンジアシスト
  • セーフ・ドア・オープニング
  • 前方/後方衝突警告
  • フリースペース検知
  • 自動エマージェンシーブレーキ
  • 幼児置き去り検知(ICS)
  • シートベルト・リマインダー(ICS - 近日公開予定)
  • 侵入検知(ICS - 近日公開予定)
  • トラック荷台への侵入検知(ICS - 近日公開予定)

レーダー製品ポートフォリオ

Interior Cabin Sensor 22

車室用センサー 22

Image Radar 22

イメージングレーダー22

Radar Belt 22

レーダーベルト22

ICON™ Digital Radar

Front grill of a vehicle with Magna logo