Placeholder image for template purposes.

マグナのドライバーモニタリングシステム:わき見運転を削減するソリューション

わき見運転の問題は、数年前に個人的にハーレー・ダビッドソンを購入した際に照準を合わせた問題です。毎回、ハーレーに乗る際、携帯で話しながら運転をしているドライバーがレーンをはみ出して来たり、急にレーンチェンジをしたりと危険を感じることがとても多くありました。結局、ハーレーに実際に乗った期間は短く、その後すぐ手放してしまいました。

わき見運転の問題を解決しようとするマグナのイノベーターたちと一緒に仕事が出来て光栄でした。インテグレーションも完了し、市場投入準備の整ったドライバーモニタリングシステムソリューションが完成しました。

1920x960-menu-photos-02

このシステムは、マグナが業界をリードする既存のADAS用カメラ技術とルームミラー技術から自然に派生して完成したソリューションです。マグナの既存製品・技術を活かし、モビリティー業界ではユニークとされるシステムレベルのアプローチで最先端のドライバーモニタリングを提供します。

カメラベース技術は、ルームミラー内に内蔵され、ドライバーの視点やキャビン内全体を見渡すという観点から理想的な場所と言えます。このシステムは、ドライバーの頭、目、体の動きをモニターし、わき見や居眠り、疲れと思われる動きを検知します。

問題となり得る動きを検知すると、音声や視覚(カスタマイズ可能)でドライバーに警告を発します。サイドミラーを見るなどの運転する際に通常行う動きは可能です。このシステムは、乗員検知など安全への需要が高まりつつある機能にも対応し、幼児置き去り検知、シートベルト装着状態検知、さらには、ユーザーメモリー設定を活用し特定の同乗者を検知するなどの機能に拡張することが可能です。

マグナのドライバーモニタリング技術は、顧客それぞれのニーズに合わせたカメラとECU、または、カメラとドメインコントローラーソリューションの組み合わせを使用することで、ドライバーモニタリング技術がルームミラーや他の車両構造に簡単に一体化することが可能であることを示しています。

このような技術を必須とする国も数カ国が出てきています。マグナのドライバーモニタリングシステムは、2022年7月に発効される欧州の居眠り運転とわき見運転に関する規制を準拠、2024年7月に制定予定のわき見認知・防止法の条件も満たしています。この動きはさらに進むと予測しており、その要件を満たす準備が出来ています。

ミラー、カメラ、エレクトロニクス、ソフトウェア技術などマグナの技術の総合力で、わき見運転を削減することにより、人の命を救います。大部分の車両に同技術が搭載されれば、また、ハーレーを乗り回すことになるかもしれません。

Jim Quesenberry

Peter Spencley

マグナ ミラーは、ミラーのフルシステムとその革新的な技術で世界をリードするサプライヤーです。ルームミラー、ドアミラー、アクチュエーター、ドアハンドルなどの製品創造、設計、エンジニアリング、試験、検証、生産に知見を持っています。

We want to hear from you

Send us your questions, thoughts and inquiries or engage in the conversation on social media.

関連ストーリー

Magna Doubles Down on Its Next Rebelle Rally Adventure

ニュース&プレスリリース

Magna Awarded Reconfigurable Seating Business with Chinese OEM

ニュース&プレスリリース

Supporting the Drive for Affordable, Sustainable EV Motor Magnets

Blog

つながりを保つ

Eメールアラートを購読すると、マグナのニュースやストーリーの更新をリアルタイムで知っていただけます。