Blurred people standing in front of wall with lights

ロードトリップ Powered By Magna Collaboration

組立ラインからヨーロッパのオフロード トレイルや古いローマの道まで、Magnaの自転車愛好家2人は会社でもプライベートでも絆を築いています。そして、同僚にインスピレーションを与えています。

Danijel AntolićさんとGanda Bagnaさんは昨年6月、ドイツのグライナウからイタリアのガルダ湖までの213マイルをマウンテンバイクでロードトリップし、6日間を一緒に過ごしました。

2 人は、この過酷なアルペン バイク アドベンチャーの最中に、極端な気象条件などさまざまな課題に直面しました。彼らに力を与えたのは、2008 年から一緒に働いてきたドイツのハノーバーにあるMagna拠点から始まったコラボレーションの精神でした。2 人は旅行の 3 か月前から、上り坂を中心にトレーニングを行いました。

Danijel Antolićさんは、大手 OEM 向けの外装部品を製造する組立ラインのシフト リーダーです。Ganda Bagnaさんは工場の最前線の労働者であり、労使協議会の副議長です。Ganda Bagnaさんは、アフリカのニジェール共和国のニアメの出身で、Danijel Antolićさんはクロアチアのザグレブに近い小さな村、デシニッチの出身です。

Danijel Antolic and Ganda Bagna on Via Claudia Augusta
Ganda Bagna
Ganda Banga
Danijel Antolic
Danijel Antolić

仕事でもマウンテンバイクでも、コラボレーションは大きな力になることがわかりました。従業員が一緒に成長し、お互いに励ましあうと、仲間としての関係が成長します。

「Danijel Antolićさんは規律あるシフト リーダーですが、敬意を払うことは忘れません」とGanda Bagnaさんは言います。「自転車旅行のために一緒にトレーニングするときも同じです。その間ずっと、私たちはただの友達です。この出会いと関係を実現してくれたMagnaに感謝します」と続けました。

Danijel Antolićさんは次のように付け加えます。「Ganda Bagnaさんは、労働倫理が備わっています。今では、家族ぐるみの付き合いです。アルペン バイク ツアーをやりたいと言ったら、Ganda Bagnaさんが『一緒に行くよ』と言ってくれました。」

12 段変速のマウンテン バイクで移動し、携帯電話に旅行日記をつけていました。以下抜粋:

初日:バックパック17ポンド。重すぎ。途中でいくつかのアイテムを捨てた。極端な高温。そして、水がなくなった。氷河が流れる川で水を飲んだ。Gandaの自転車のハンドルバーが緩んでいる。

二日目:砂利道と、オーストリアの古いローマ街道のクラウディア アウグスタ通りを走った。馬車の跡が今も残っている。最高だ。

三日目:レシア湖の方でイタリアへの国境を越えた。すごい進歩だ!毎晩ピザを食べるぞ。

四日目: 4 時間ほど大雨、イタリアのラッチからフォンドへ。大変だった。自分へのご褒美として、ザッハトルテケーキを食べた。

五日目: 絶好の天気の中、カヴェダーゴまでダウンヒル!

六日目: 目標達成 – リーヴァ デル ガルダ到着!

Map outlining the trip from Grainau, Germany to Riva del Garda, Italy
Travelling along Via Claudia Augusta
Ganda pushing the bike up a steep portion of Via Claudia Augusta
Travelling along Via Claudia Augusta from the perspective of riding a bike

「ガルダ湖で、そばを歩いていた方が私たちの写真を撮ってくれたんです」とAntolićさんは言います。「今でもその写真を見て、自分たちの成果を思い出します。個人的にも挑戦でした。」

次のロードトリップは、 6 月 17 日に開始します。ハノーバー拠点から2 名の Magna 従業員が参加します。うち一人は会社に新しく加わった IT スペシャリストです。二人はドイツからイタリアへの別のルートをたどります。そして、Magnaシャツを着て参加します。

「Magnaも拠点のゼネラルマネージャーも私たちの計画を支持してくれたので、来月のロードトリップに繋がりました」とAntolićさんは言います。「ゼネラルマネージャーは、私たちが他従業員のインスピレーションになることを望んでいます。そのことにとても感謝しています。」

Ganda Bagnaさんはまた、「私たちは、職場でもプライベートでもMagnaチームの一員になれて幸せです」としています。

We want to hear from you

Send us your questions, thoughts and inquiries or engage in the conversation on social media.

関連ストーリー

花粉媒介者を保護し、アピセラピーを推進

記事

Magna養蜂家の視点

記事

Magna Doubles Down on It's Next Rebelle Rally Adventure

ニュース&プレスリリース

つながりを保つ

Eメールアラートを購読すると、マグナのニュースやストーリーの更新をリアルタイムで知っていただけます。